25歳、どうやら、この夜は明けない

舞台「希望のホシ」シリーズや「河童村ブルース」など、多くの感動作を送り出したものづくり計画が、数々の映画祭に招聘された映画監督 勝又悠の新作書き下ろし舞台作品を上演します。
出演には(Eテレ)「ワンワンわんだーらんど」でおなじみの恵畑ゆうが参戦。
挑むのは互いの友情を探り合う女たちの人間ドラマ。
勝又悠とものづくり計画の新たな挑戦にご期待ください。


日程

2018年10月10日(水)~14日(日)
※全8公演

10/10(水) 10/11(木) 10/12(金) 10/13(土) 10/14(日)
14:30 13:00 12:00
19:30 19:30 19:30 18:00 16:00

開場は開演の30分前となります。


チケット

S席:5,500円
※特典付き:メイキングDVD(当日会場でお渡しします)

A席:3,900円
携帯からの予約はこちらをクリック!
全席指定|※未就学児入場不可

出演

岩壁愛理
川口果恋
篠塚沙由美
高橋みち
田中佳奈子
丹由美子
富樫未来
永瀬真悠
七瀬真生子
成瀬美希
長谷川杏美
三浦結加
宮本愛子
山岡砂矢夏

石井一輝
石井鯉央
もとみち
山口晶太郎
山﨑浩章
吉川築

恵畑ゆう


8月16日。
瑛里華、夏海、結衣、凪の四人は、
来週に控えた同級生・美波の結婚式の余興の打ち合わせのため
故郷・熱海の居酒屋に集まった。

全員が顔をあわせるのは実に成人式以来だ。

瑛里華は東京でOL。
夏海は浜松で結婚し専業主婦。
結衣は地元熱海でパチンコ屋の店員。
凪は横浜で彼氏と同棲しながら、映画監督をしている。

昔話に花が咲き、宴もたけなわ。
「昔みたいに朝まで飲まない?」
誰かが口走ったその一言で、果てしない夜が始まった。

仲良し「だった」四人が抱え続けた秘密と嘘と、葬った過去。
「あの頃」と「今」の埋められない溝が夜に静かに響き、
行く宛てのない言葉たちが、のらりくらりと徘徊する。

やがて、夜が明けて、四人が見た朝焼けの色は。


作・演出

勝又悠

1981年生まれ。第33回ぴあフィルムフェスティバル入選。
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭、ドイツ・ニッポンコネクション、カナダ・shinsedai映画祭、イギリス・レインダンス映画祭など、公式招待作品を送り出している。
代表作に「はい!もしもし、大塚薬局ですが」「オードリー」「靡く、我々(舞台「希望のホシ」ドキュメント映画)」「掌で舞う(舞台「河童村ブルース」ドキュメント映画)」など。


劇場

萬劇場
豊島区北大塚2-32-22